廃材でピンボール製作

先日、東海地区でも「リノベーションEXPO2017」が開催されました。

勿論、住工房も出店いたしました。

7570_1.jpg

ほんと多くのかたにお立ち寄りしていただけました!(企業ブースでは一番多かったかと・・・)

 

7569.jpg

その住工房企業ブースの目玉が、廃材と残材で作った「ピンボール」です。
解体してきた温水器の中から給湯用配管を取外してガイドレールにしたり、ガスコンロの黒焦げになったバーナー部を磨いて使ったり、茶色の風車はフローリングの余りを台形に組み合わせたりして、住工房の施工部が夜な夜な試行錯誤して作ってくれました。
改めて施工部に感謝です!!!

7567.jpg

オーダー建具1.jpg

これらのスツールも現場の端材を利用してつくりました。
端材といってもナラ材ですので製材してタイルを貼ると、このように生まれ変わるんです。
素材の良さを見極めて生かすことで、新たな価値が生まれるんですよね〜

 

しっかり作りましたので腰掛や踏台、花台としても使っていただけます!!


昔の学校の椅子のように「使うほどに味わいが増す」「経年変化を楽しめる」長く使ってもらいたいですね。

 

思わぬ評判でしたので、これからも時間があれば作っていきたいです!施工部の皆さん宜しくね。

 


全国誌の表紙に掲載されました。

先日発売の「SUUMOリフォーム11月号」の表紙に掲載されました!!

SUUMOリフォームに住工房の施工事例が掲載されました。

名東区で二世帯リノベーションをさせて頂いたK様邸です。

お客様のご要望の中で特にこだわりが強かったのが家事動線でした。

 

今回、その家事動線が雑誌編集者の目に留まり、掲載依頼が来たようです。

 

何回も打合せを重ねてじっくり計画・設計していきましたので、動線が評価されたことは本当に嬉しい限りです。

また、K様には雑誌社の取材に快くご協力頂き感謝しています。

有難うございました。

 

 


ストーリーを大切にしたリノベーション|日進市 F様邸

日進市の耐震リノベーションの現場が完工いたしました。

日進市 耐震リフォーム:トイレ

便器の背面に陶器のタイルを貼って落ち着いた大人の雰囲気になっています。

日進市 耐震リフォーム:トイレにお手製タイル

実はこのタイル、前回のブログでも書きましたが、

お客様が一枚ずつ何日もかけて作られたモノなのです。

 

《前回のブログは、こちらです》

 

リノベーションのご提案をしていく過程でご夫婦共通の趣味が陶芸という話を伺い、

手作りタイルを貼るご提案をさせていただきました。

 

お二人で、大きさや形や色などを決めて試作品を作っては改良しながらのタイル製作です。

そのことを知っていますので、完成後を見たときは今までには無い、何とも言えない感動がありました。

目を引くような派手さはないですが、「ほっと、和む」飽きの来ないトイレ空間になっています。

何より、ストーリーが素敵です。

こんな素敵なストーリーのあるリノベーションに携わらせて頂き、心から感謝しています。

 


もはや、オーダーキッチン!!

先週、瑞浪までウッドワンの工場見学に行ってきました。

工場に併設したプロユーザー向けのショウルームを見学!

写真撮りに使う空間をそのままショールームにしてあり色々なテイストの空間が作ってありました。

これが既製品??って思える程のデザインになっていました!!

 

いや〜負けてはおられんですな〜!!


自作タイルを使って、リノベーション!!

只今工事真っ最中の日進市南ヶ丘のF様邸は「耐震補強&リノベーション」工事です。

 

F様ご夫婦は趣味で陶芸をなさっていることを伺って、自作タイルをアクセントに使うプランを提案させて頂きました。

DSC_0887.JPG

先日、第一号のタイルが焼きあがってきました。色合いが素敵です!!

何時も通われている陶芸教室での製作ですので、何回かに分けた夫婦手分けしての製作のようですので、

おそらく色むらや形の違いは出るとは思いますが、それもまた味わいがあって、夫婦のストーリーがあっていい感じになりそうです。

これぞ世界に一つだけのオリジナル空間ですね。

 

今回はトイレの壁に使う予定です。完成が楽しみです。


オーダーキッチンプラン中|みよし市三好町T様邸

只今、みよし市三好町のT様邸のオーダーキッチンの詰めをしています。

1-DSC_0763-001.JPG

ディテールの打合せも終わり後は完成を待つだけです。

天板はステンレスのバイブレーション。

ミーレの食洗機。

グローエの水栓。

換気扇はアリアフィーナ。

IHクッキングヒーターはパナ。

キッチンは、白色艶消し。

背面キャビネットはベージュ色の鏡面。

 

完成が楽しみです!!

 

 


オーダーアイアンラック

薪ストーブの薪をスマートに収納できないかな?と思って

探していても中々気に入るものが無いので作ることにしました!!

まぁまぁの収納量です。(ショールームだと3〜4日分は入ります)

 

社員休憩室の丸テーブルも気に入るものが無くて、現在デザイン/制作中です。

 

 

 

 


ヨーロッパを代表する「リビング&キッチン」視察旅行

先日、ドイツのケルンで開かれた「リビング&キッチン」という見本市と「Miele」の工場見学に行ってきました。

毎年ケルンメッセで開かれるこの見本市はヨーロッパを代表するキッチンメーカーと家具メーカーが勢揃いするビックイベントで、業界の時流を作っていると言っても過言ではないイベントです。

巨大な会場を三日間歩き回りクタクタになりましたが、オーダーキッチンに力を入れて行きたい弊社にとっては非常に刺激的で勉強になりました。

やはり日本の一般的なキッチンとは一味違います。住宅事情や食文化の違いもありますが、モノづくりの根本に「良いものを永く使う」という思想があるように感じました。

 

あと二日間は「Miele」というドイツを代表する家電メーカーの工場見学です。

この会社はドイツ人にとっても憧れの家電メーカーで、日本ではミーレと言えば食洗器がよく知らていますが、一度使うと他のメーカーのものは使えなくなると言う評判の代物です。

この食洗器も決してお安いものではありませんが、「良いものを永く使う」という考え方は今回の工場見学でもしっかり伝わりました。

 

決して贅沢ではなく「良いものを永く使う」という考え方は住工房のリノベーションの心髄とも言えますので今後の提案に活かしていきたいと考えています。

 

今回のドイツの旅はモノづくりの原点に触れることができるとてもいい旅でした!!

 

 


ホワイトオーク キッチンカウンター

只今、二世帯化リノベーション工事進行中のみよし市S様邸のキッチンカウンターです!!

1-DSC_0033.JPGホワイトオーク材

幅150ミリ 厚み45ミリ

お客様の「ナチュラル&インダストリアル」のイメージに合うよう敢えて節のある材料を選びました!!

1-DSC_0032.JPG

なかなか節のある乾燥板材がなく、今回は飛島の木材問屋までトラックに乗って選びに行ってきました!!

 

やっぱり無垢板はいいですね〜本物は経年変化も楽しんで行けますから・・・完成が楽しみです!!!

 


東海リノベーション 雑誌に掲載されました。

先日発行された「東海リノベーション」に掲載されました。

1-DSC_0027.JPG

今回は最近完工しました3物件のお客様にご協力を頂きました。

突然のお願いにも関わらず快く取材協力頂き本当に有難うございました。

1-DSC_0024.JPG大府市 N様邸

・マンションのキッチンリノベーションです。

【キッチンのみの改装なので手を付けない部分と違和感がないように色合わせ等工夫しました】

 

日進市 H様邸

・Sハウスメーカーのフルリノベーションです。

 

DSC_0026.JPG日進市 N様邸

・増築及びLDKのリノベーションです。

 

是非一度書店で確認してみてください!!

 



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近のエントリー記事

カテゴリー

月別アーカイブ

Recent Comment

Links

Profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM